スポンサードリンク

海外留学時のNGワードについて

海外で使わない方が良い言葉とは?

学校の長期休暇中にアメリカへ1ヶ月ほど語学留学を検討しています。
滞在はホームステイを考えています。
お聞きしたいことは、留学中、学校やステイ先のファミリーとの会話で絶対に使っちゃいけないNGワードを教えていただきたいです。
英語力は文法やリーディングは普通くらいと思いますが、会話(特に聞き取り)は苦手です。

ユダヤ人の表現には注意

海外留学の際にはユダヤ人の表現に注意しましょう。
オランダに海外留学に行ったことがある人は差別用語に「ユダヤ」という言葉があるため、注意するよう留学前に注意されたようです。
英語のスラングのJewという言葉は、黒人差別のNiggerと同じような言葉であるため使用しないようにしましょう。
Jewという言葉は相手がユダヤ人と分かった時には使わないようにしましょう。
最も問題ない言葉はJewishです。またはJewsというように最後にsを必ず付ける方がいいでしょう。
Jewは人種差別とあると抗議される、ユダヤ人を差別する言葉であると覚えておいてください。

ホームステイ先で気を付けたい表現

ホームステイされるのであれば特に気を付けたいのが、最近のアメリカの若者が好んで使うスラング「F**K」を使った表現です。
F**Kin Crazy(とってもクレイジー)、F**kin freezing(めちゃくちゃ寒い)などと何かとF**kinを使っている若い人たちがいます。
最近はSNSの普及もあり、たぶん留学前にたくさん見たり聞いたりすることも多いと思います。ですが、特にホームステイ先では絶対に使わないことをおすすめします。
というのもホームマザーやホームファーザーなど年齢がご自分のご両親くらいの年齢かそれ以上の場合もあります。
F**K Youのように相手を侮辱していないからいいじゃないか、と思う方もいるかと思いますが、これらFワードはお友達同士ならまだ気にならないかと思いますが、
年配者にとってはとても不快に感じる方も多いと思いますし、相手に対してとても無礼なので封印していただきたいです。

お問い合せはこちら

スポンサードリンク