スポンサードリンク

英語ネイティブが見つけた!街で見かけた?な英語!

われわれ日本人にとっては普通に受け入れていても、英語ネイティブには首をかしげる英語表記が時々あります。

よく言われるものでは、Pet Bottle (一般に英語ではPlastic Bottleと言います。PETは原料のPolyethylene terephthalateを省略して作られたようですが、聞きなれない言葉になります)。

American Dog(これは英語ではCorn Dogといいます。)日本では普通に通じる「英語」と認識している方も多いのでは?

今回、立川市にある英会話学校「東京パスポート学院」のザック先生(アメリカ人)とスティーブン先生(ニュージーランド人)が街で見かけた首をかしげる英語表記についてレポートをしてくれました。

先生方の原文と対訳でお楽しみください!

RAISIN SAND

レーズンサンド

This is product in bisucuits with raisins and a sweet filling. The sand probably means the biscuit look like sandwiches, but sandwiches has been shortened to sand .

Sand is something at the beach,it gets everywhere and is crunchy when you eat it. The Conclusion is that this biscuit is made from sand and raisins .

That doesn’t sound very delicious!

この製品はレーズンと甘いクリームが入っているビスケットです。きっとこの「サンド」というのは、ビスケットがサンドイッチみたいということなのでしょうが、サンドイッチが省略されてサンド(sand)となっています。

Sandはビーチやどこにでもある砂です。食べたらジャリジャリします。つまり砂とレーズンで作ったビスケットとなり、全然おいしそうではありません!

UNIVERSAL TONGUE RETORT

ユニバーサルトングUniversal Tongue Retort is some text on the packaging for a pair of tongs. It looks like they are trying to sell us a tongue!

And not just any tongue. A tongue that can retort. A retort is a sharp , angry,or witty reply.

The irony is that it was spelt correctly elsewhere on the packaging

トング(tongs:パスタなど食品をはさむ調理器具)のパッケージにUniversal Tongue Retortと書かれていたのです、まるで「舌(tongue)」を販売しているようです!

しかもただの舌ではありません。反論できる舌なのです。retortの意味は「鋭く、怒って、またはうまく言い返す」です。

皮肉なことにそのパッケージに書かれた文はすべて正しいスペルだったのです!

We’ll make your own ice cream with your heart

we make yuor icecream with your heart

This is an example from an ice cream shop in Okinawa. It says 「We’ll make your own  ice cream with your heart」. We understand the meaning.

They will make us ice cream full of love. But it really says they’ll make us ice cream and use our heart as an ingredient. No thank you!

これは沖縄にあるアイスクリームショップの例で「We’ll make your own ice cream with your heart」と書かれています。言おうとしている意味は理解できます。

きっと心をこめてアイスクリームを作ってくれるのでしょう。でも実際には、私たちの心臓を材料にしてアイスクリームを作ってくれると言っているのです。

お断りします!

We have perfect confidence in my abirity

we have perfect

Sometimes the only major issue in a bit of English is the spelling.Spelling mistakes are often humorous and lighthearted .

Take for examplem this one. it says,「We have perfect confidence in my abirity」The L/R problem that all Japanese are familiar with.

時々ちょっとした英語で大きな問題点となるのが綴りです。スペル・ミスはユーモアがあり面白いです。

この例を見てみましょう。「私たちは自分たちのabirity???に完全な自信を持っています」能力ならability で、日本人はこのLとRの間違いがよくありますね。

 

 

Be Calm Bring Blow Up

BBB

And this one is just weired. I saw this everyday on the way to one of my classes at my previous job.

It’s a darts bar and the sign reads, 「Be calm,Bring,Blow Up」I don’t know what they were going for ,but I really do not want to blow up or be anywhere that people may blow up!

そして・・これは単に奇妙です。前の勤務先でレッスンに行く途中でこれを毎日見ていました。

ダーツバーの看板には「Be calm, Bring, Blow Up」「落ち着いて、持ってきて、爆破」。いったい何を持っていくのかさっぱり分かりませんが、絶対に私は爆破されたくありませんし、

誰かが爆破するかもしれない場所になんかいたくありません。

時々、日本を観光中の外国人が漢字のプリントが入ったTシャツを着ており、その漢字の意味に思わず「?」となることがありますが、それと同じ感覚ですね。

外国語(日本人からみたらたとえば英語)で書かれていると、単純にカッコいいし、日本語で書かれているより、受け手によって商品やサービスのイメージも広がるからでしょうか。

これから東京オリンピック・パラリンピックに向けてますます外国人観光客の数が増えてくると思います。英語の持つ響きを楽しむのもいいですが、正しいスペルや意味も心がけたいものですね。

こちらの記事もどうぞ

留学渡航先でも人気!ニュージーランドの豆知識

 外国人おもてなし語学ボランティア講座を担当させていただいて

 

 

お問い合せはこちら

スポンサードリンク