スポンサードリンク

日本とオーストラリアのジェスチャーの違いに驚愕!挙手がパーでない理由は×××だから!

australia

36歳、女性、会社員です。

20代の時に、オーストリアのウィーンに留学しました。

日本と外国ではジェスチャーの意味に大きな違いがあるものがありますね。

日本とオーストラリアのジェスチャーの違いに衝撃!

まず、わたしがはじめに戸惑ったのは数を数えるときの指の折り方。

日本では一は人差し指をたて、二は人差し指と中指、三はそれに加えて薬指、というように数えていきますが、こちらでは一は親指、二は親指と人差し指、三はそれに加えて中指というように数えて行きます。

はじめ、何名様ですか?と聞かれた時、1人と人差し指を立てたのですが、不思議そうな顔をされてしまいました。

欧米風の4は手の構造上すごく示しにくいので、私は日本のシステムの方が気に入っているのですが。

そして、次に日本で親指と人差し指で丸を作る、オッケーのジェスチャー。

ヨーロッパではこれは侮辱に当たるサインです。

おしりの穴、という意味になってしまうようなので、すごく注意が必要です。

私の場合は友達にうっかりやってしまっただけなので笑い話ですみましたが、とてもはずかしかったです。

あと、両手で、頭の上で手を合わせて大きく丸を描くオッケーのサインも、まるで通じません。

ヨーロッパだと、親指を立てるグッドのサインが、これに当たるのではないかなあと思っています。

関連記事:留学先のアイルランドで逆ピースサイン!意味はFU◯Kと同じくらい失礼なジェスチャーだった!

 

パーで挙手するのはヒトラーの敬礼を意味していた!?

また、留学したてのころ、私が通っていた大学で気づいたのが、生徒が先生の質問などに答えるためや、出席確認の為にに挙手したりするときに、日本のように5本指を伸ばして、手をパーにして挙げることをせず、皆さん人差し指のみを立てて、日本でいう、1を表すジェスチャーで挙手されるんですね。

なぜだろう、と思いながら、それでも皆さんそうされるので、なんとなく真似をしていたのですが、後から友人に、日本でいうパーの形で挙手すると、それがヒトラーの敬礼を想像させるから、こちらではしないんだよ、と教えてもらいました。

なるほど。授業の挙手に限らず、手をパーにして、腕を伸ばす、この動作はオーストリアではタブーのようです。

やらなくて良かったです。

また、「頭おかしいんじゃない」という冗談の意味で、日本でいうクルクルパーのジェスチャーをしてみたところ、全く伝わらず、「何それ、面白いねー。」と、面白がられました。

オーストリアでは、この場合、手をパーにして手の平を顔の方に向け、顔の前で上下に振るのが、「クレイジーだね」の意味に当たるジェスチャーのようでした。

もっと悪意のこもった、頭おかしいぞ!は人差し指でこめかみをトントンとするようです。

これは日本でもちょっと理解できますよね。

でも、よっぽど頭に来た時以外はあまりやらないほうが良さそうです。

これから留学される方、特に挙手のジェスチャーには、ご注意を!

関連記事:アメリカと日本のジェスチャーの違い!手招きは×××の意味だった!

お問い合せはこちら

スポンサードリンク