スポンサードリンク

大人の楽しい出直し英語クラス

P1020805

英語クラスに通ってくる大人の中には、仕事や日常生活ではほとんど英語を使わないし、たまに海外に旅行に行っても英語を使うことはほとんどないが、英語を学びたいと思っている人は多いです。

また子供が独立したり、仕事を退職したりして時間的な余裕ができたので、あらためて英語を学びなおしたいと思う中高年の人も少なくありません。

小さい子に英語を習わせたいという人は多く、英語クラスの年齢もますます低年齢化していますが、高齢化社会の今日、中高年の学習者さん用のクラスを作ることは大きな意義があるでしょう。

今回のコラムでは特に英語習得の必要がないが、英語を学びたい人にどのようなプログラムが良いのかを考えてみたいと思います。

(今回のコラムは、2018年秋のJALT(全国語学教育学会)国際大会で実践報告した内容と重複する部分があります)。

1、歌を使った楽しいレッスン

大人の学習者さんには、まったく話せないし聞き取れないという劣等感を持つ人、中学以来の英語嫌いな人が少なくないです。

試験や昇進のためなどの明確な目標があるわけでない大人の学習者さんには、楽しいレッスンをすることと、何かを学んだという実感を持てるようなレッスンを心がけることが大切なのではないでしょうか。

どのようなレッスンが楽しいかのかはクラスを構成する人の顔ぶれによりますが、英語の歌をレッスンに取り入れるといいのではないかと思います。歌は楽しいばかりではなく英語らしいリズムが身に付きますし、記憶に残りやすいので英語の習得に利用しない手はありません。

リスニングのためのAuthentic Songs

いくら歌が楽しいからといっても、いきなり歌いましょうと言われてもあまり気乗りしないでしょう。

歌はすぐに歌わずに、歌詞の一部分を空欄にしたcloze activityのワークシートを作り、リスニングの教材として複数回聴きます。

歌を選ぶときには、比較的ゆっくりなもので、コーラスの声や演奏の音が大きすぎないものを選びます。60-70年代のポピュラーソングにはメロディーと歌詞が美しく、聞き取りやすいものが多いです。

フォークソングやゆっくりしたテンポのジャズも使いやすいです。

Cloze Activity

歌を選んだらワークシートを作ります。ワークシートを作るときには中学レベル程度の難しくない単語の部分を空欄にするように配慮しますが、レベルの高い人のために少し難しい単語を1つ入れます。空欄の数は10くらいにして、抜いた単語はシートの下の方にアルファベット順に並べます。レッスンは下の部分を裏に折って見えないようにしてから配布し、歌を流します。歌にもよりますが、だいたい3-4回くらい聞くと1-2か所を除いて、ほぼ埋まることが多いです。折り曲げた部分の単語は各自で好きな時に折り返して単語を見てもいいことにします。最後まで頑張って聞き取ろうとする人、2回目であきらめて見る人などいろいろです。何回か聞いたら答え合わせをかねて皆で音読します。

その後、質問があれば答えますが、歌にでてくる表現は解釈が難しいものもありますし、歌詞全部の日本語訳はしないことにしています。ライムしている歌詞を探すことはどの歌でもし、歌の背景がわかれば説明します。

歌う

Cloze Activityで何度か聞いた後は楽しく歌います。メロディーは知っているが歌詞は良く知らないし歌の内容もよくわからないで聞いていたが、レッスンで歌を聴いてよくわかった、という感想をよく聞きます。

教室でyoutubeにアクセスできれば、歌のCDがなくても簡単に歌を聴かせることができます。youtubeを使うと同じ歌を違う歌手が歌っているのがすぐに見つかりますので、cloze activityが終わってから別の歌手が歌うのと聞き比べるのも面白いです。

ELT Songs

この他に英語学習用の歌やチャンツも使って文の練習をするのもいいです。英語学習用の歌には難しい文法を簡単に覚えてしまえるものが多くあります。日本人の多くが苦手な仮定法や仮定法過去完了などは歌を使って練習すると簡単にしっかりと身に付きます。特にCarolyn GrahamのJazz Chantsシリーズの教材には歌としても文法の扱い方にも優れたものが多いです。

Nursery Rhymes

ナーサリライムを使って英語圏の文化的な背景も同時に学べるようにするのもいいでしょう。

古くから現代にまで伝わっているナーサリーライムは、映画のタイトルや歌の歌詞、新聞や雑誌の見出し、小説などにも引用されていることが多く、ライムを知っていれば、その短い一説を見たり聴いたりしただけで、すぐに背景がわかり理解が深くなります。

このような子供のライムは文字通りきれいに韻を踏んでいますので、音声面の習得にも貢献できます。

 

お問い合せはこちら

スポンサードリンク