スポンサードリンク

クロス-E管理人の芦部集です。

2020年東京五輪の開催が決まりました。

パソコンやスマホが普及され、インターネットは家庭にあたりまえのように入り込み、

最近では子供のコミュニケーションのツールとしても欠かせないものとなりました。

実にあらゆる方面、状況で、グローバルスタンダードを意識する事が出来るようになりました。

世界を視野に入れる時、我々日本人がまず意識するのが、英語ではないでしょうか。

 

Hello!! I am Atsumu Ashibe.こんにちは、管理人の芦部 集です。

 

私は普段、英語教材を学校や英語塾に販売する会社を運営しています。

残念な事に私自身は現在特別に英語を学習する時間も機会もありません。

仕事を始めて後必要に迫られ、追いたてられるように、

その時々の状況を乗り越えるのが精一杯な状態で英語を見聞しています。

 

日々、英語学習に費やす時間と苦労の大切さを痛感しています。

 

仕事柄英語講師、英会話学校オーナーの方々とお会いする機会が多いです。

皆様それぞれしっかりとした英語教育に対するお考え、信念をお持ちです。

個性的かつ魅力的な方々ばかりです。

japan

 

私の、日々勉強!成長!のエキサイティングな毎日は、人とのコミュニケーションで成り立っています。

 

戦後経済的発展に伴い社会構造が複雑化し、

国民の価値観が多元化してきた歴史の中には何度かの英語ブームと呼ばれるものがありました。

最近では、「社内公用語を英語に」とか、

「大学入試にTOEFLなどの外部テストを採用する」、

グローバル人材の育成」と言った響きのよい言葉がマスコミを踊っています。

 

この現象は情報先行型になっていないでしょうか?

 

実際日本人は他国のように英語が話せなくても普通に暮らせ、

いわゆる一般生活には困りません。

しかしこの先はわかりません。ドラスティックな変化が訪れて、

日本でも英語が第2公用語になる可能性もゼロでもなく…。

誰にもわからないことです。

国は「グローバル人材の育成」に力を入れているようです。

グローバルな人材=英語が話せるではありません。

 

真のグローバルとは文化をはじめ、

他国や他者と違いを認めあい、

価値を共有することです。

 

まず日本人として、個人として伝える事を培う。

 

共通言語が日本語でない場合、

コミュニケーションの道具は英語になる可能性が高いでしょう。

他国との協力で新しい価値が作られている時代には、

相互の意思疎通の手段としての最低限の英語力が必要とされます。

 

日本人としてグローバルに受信発信できる

 

人材を育てたいと努力されている指導者の方、

そんな人材になりたい学習者の方、

それぞれに参考になる事を共有できるサイトを作りたい。

その想いでクロス-Eが形になりました。

 

この先5年、10年、20年後の世界の中での日本(自分)

日本(自分)の中での世界を意識した方々のお役に立てていけたらうれしいです。

こちらもよろしくお願いします。

 

お問い合せはこちら

スポンサードリンク