スポンサードリンク

はじめて海外留学をする人におすすめの国ベスト3!

語学留学やワーキングホリデーなどはじめて海外へ留学する方へおすすめの国をご紹介します。

生活し易い、外国人(日本人)対して受け入れが柔軟で優しい、初心者でも安心して参加できるプログラムや現地での日本人サポートが充実しているなどの全般な評価で3国を紹介します。

 

<カナダ>

比較的訛りのない綺麗な英語が使われていると言われているカナダ、近年語学留学先の国として大変人気があります。移民の国としての暖かさ、異文化に対して寛容で、留学生も快く受け入れてくれます。又生活の便利さといった点でも初めての留学先国としてお薦めします。

教育水準も高く、国の安全性と清潔さも世界トップレベルです。大都会(バンクーバーやトロント)でアクティブに留学生活をおくることもできますし、地方の小さい都市でのんびりと過ごすこともできます。

又、英語習得以外に専門の勉強や体験をしたい方へ様々なニーズにこたえられるプログラムが用意されているのがカナダの語学学校です。たとえば、ビジネス系の勉強や企業就業体験、TOEIC対策、英語教授法などの資格取得などがあります。

 

カナダの魅力について

 

<ニュージーランド>

親日的な国、福祉国家と知られているニュージーランド、夏・冬の季節に関わらず過ごしやすい気候で、治安のよさや、他の国に比べて物価も安いことから初心者の方で長期に滞在されたい方にお勧めです。また、シニアの方の受け入れプログラムも充実していで、高年齢の方も安心して生活できる国です。

美しい自然のなかでのんびりと生活できるのがニュージーランドの良さで、都会的な雰囲気と自然の両方を楽しむならオークランド、イギリスに似た優雅な雰囲気の中でのんびりするならクライストチャーチがお薦めです。

語学学校も英語レッスン以外にスポーツやボランティア活動など様々なアクティティ(課外活動)を用意しています。優しいニュージーランドの人々との生活体験をする目的としてホームスティもお薦めです。

 

ニュージランドの魅力について

 

 

<オーストラリア>

オーストラリアも親日家が多く、日本語教育も盛んで親しみやすい国です。治安も比較的よく、安心して生活を送ることができます。北から南、その州や都市のより違った気候や特徴を持っています。グレートバリアリーフの玄関口で常夏のケアンズや国内最大のリゾート地ゴールドコースト、大都市ならシドニー。

第2の都市メルボルンは、ヨーロッパ調の都市でスポーツイベントが多く、楽しめる。ブリスベン、パースは都市と自然が融合していて中都市として生活し易いなど、好みの地域環境を選べるのがオーストラリアの魅力。

語学学校もニュージーランド同様、英語レッスン以外にスポーツやボランティア活動など様々なアクティティ(課外活動)を用意しています。語学留学でも学生査証を取得すればアルバイト(週20時間以内)できるのも魅力になっています。

 

オーストラリアの魅力について

 

▶︎大川和延様のコラムはこちら!

お問い合せはこちら

スポンサードリンク